-

キャッシングサービスについての支払方式はクレジットカード会社の方針に応じてだいぶずれがあり、いろいな手法が選ばれています。テレビショッピング パーフェクトワン

一般的なところではスライド方法やリボ払い方式が多いみたいです。ドコモdカードの作り方手順

またかくのごとき多くの人が知っているリボ払ですが本当を言うと算定方式にいろいな種別といったものがあったりします。マンション査定 相場

そしてしかよう種類によっては支払い額が違ってしまいますから、理解することで損することはないはずです。http://www.dictionarykaitori.com/qa.html

そうしたらわかりやすく2つのやり方のずれについて説明しましょう。かに本舗 評判

ひとつは元金均等払いで、もう一つは元利均等払いです。光目覚まし

それぞれその名を冠する通り元金に関して均一に支払っていくという方式と元本と利率を一緒にして均分に返済していく方式になります。

この場では10万円カードローンをしたと仮定して、実際問題としてどんなような計算をするのか試してみましょう。

利率については両方とも15%として計算します。

それからリボ払に関しての引き落としを1万円と仮定して計算します。

とにかく元金均等払いです。

かかる事例の初回の返済については1万円へ利息分の1250円を加えた金額になります。

次回の支払いに関しては1万円へ利率1125円を合計した引き落とし額へとなります。

こういうようにして10回分で引き落しを済ませると言う方法になります。

これに対して元利均等払いは最初の引き落しは1万円でそこから元金に8750円、金利に1250円といった感じで割り振ります。

2回目の支払は元金が8750円に減少した状態にて金利を計算し、その1万円から更にまた分配するのです。

別言すれば、元利均等払いのケースは10回で支払が完済しない計算になってしまうのです。

これだけの差異で二者がどれぐらい違っているのかということがたっぷりとわかったことでしょう。

元利均等というものは元金均等に比べて明瞭に元が縮小するのが緩やかといったデメリットというものがあったりするのです。

即ち利子というものを余分に返済するというような状況になってしまうのです。

一方で1度目の引き落しが小さな額で落着すると言う長所もあるのです。

こんな引き落し手法に関しての差異によって引き落しトータルというものが違ってきますから自分の計画に合致した方法を採用するようにしていきましょう。

Category

リンク