-

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売買の注文をして利幅を生み出す商品です。ライザップ 心斎橋

売り買いの値段は、いつも上がったり下がったりします。アルケミー 口コミ

それが為替市場です。レーシック保険

ニュースサイトを見ていると通貨の為替の話題が流れる状況があります。ゼロファクター 口コミ

よく見るのが「現在のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。ワークアウト

それは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを意味しています。シミ 口コミ

売買には買値と売値の価格があるという事です。中学受験ドクター

売値、買値の事を別の言い方で表示するFX取引会社もあります。レーシック

平常時には買値よりも売値のほうが低い値段に決められています。NULLリムーバークリーム

私達が買値は高く、売値は安くなるのです。KM新宿クリニック

この差をスプレッドといいFX会社の稼ぎのひとつとされています。

スプレッドの狭さは業者によって変化します。

スプレッドの広さは投資家にとって手数料になるので低い業者を選択したほうが有利になります。

ただし、同じ業者でも場面によってスプレッドの狭さは変化します。

仮に日常的にはドルと円のペアでわずか1銭のスプレッドの差だったとしても為替相場の上下動が激しい場面では大きくなります。

そういう訳で、スプレッド幅が狭いのと同様に、固定しているのが大切です。

近頃では固定したスプレッドの差を見せる取引業者もたくさんあったりします。

実際に取引業者のトレード画面の中で現実のマーケットを見なければ判別できないので面倒ですが、とても大切なことです。

貴重なお金を賭けて売買しますので、実際の売買の前に関心がある業者の取引するための口座開設をいくつもして示されているスプレッドの狭さを見ておきましょう。

同じ通貨のペアでもその瞬間の市場の状況によって、スプレッド幅は異なります。

いつもはインターバンクで取引量の多くて、流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が小さくそれ以外のペアではスプレッドの幅が広がる事がよくあります。

Category