-

実際にノートパソコンの画面の前に座り、つねに変化しているマーケットを目を向けていると、直ちにエントリーをしなければならないという欲求に駆られる状況も少なくないだろう。http://webmania.to

でも、なんとなく思いつきで取引することは、断じてしてはいけません。

知っての通り、外国為替市場は昼夜を問わず、いかなる時でもいずれかの国で為替相場がやっているし、為替レートも、動いています。

しかしながら、何回も注文を積み重ねると、その回数分だけ損失が生じる率が高まってしまう。

もちろん、売り買いの回数を重ねることによって、勝ち負けの可能性が50%、50%になるのは事実。

でもこの事は「なんだか分からない感覚でエントリー」することとは別問題です。

売り買いの回数を積み重ねるとは、あなたが「ここがチャンス」と考え付いた自信を得たうえでのトレード回数を積み重ねるという事を意味します。

格段の理由がなく、のべつ幕なし売買を積み重ねるのとはかなり違います。

外国為替市場の勝負に臨むには、思案してメリハリをつけることが大事です。

「ここだ!」と思った相場の時には、いっそのこと保持ポジションを買い増して、意識して儲けを狙います。

「何となく分からない相場で、どう上下するのか読めないな」と思った時は保持ポジションを見切りをつけて黙っています。

それぐらいの緩急をつけた方が最終的には売買はうまくいくものだ。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

文字通り言葉どおりだと思います。

取引とは、いつもポジションを持つことが肝心な事ではなくどれも保有せずじっと見ていることも事態によっては、相場です。

じゃあ、いつ、休めばいいのでしょうか。

第1に考えられるのが、先述した通り、これからの為替相場がしっかりと良く見えない時です。

高くなるのか安くなるのか決断できない時はヘタに動くと、自分自身の書いたシナリオとは違った方向に為替相場が変化してしまい損してしまいます。

そのような時はポジションを減らしてそのまま何もぜずに様子を見ているのがいいと思います。

もうひとつの場面は、自分自身の体の状態があまりよくない時です。

体の調子と市場に何の影響も与えないと思う人もいるだろうが。

実際には考えている以上に関係あります。

健康状態がよくなければ相場の重要な局面で落ち着いた決断を下すことができない。

関心がわかない時はトレードから離れてみるのも肝心な事です。

Category

リンク