-

クレカを使用していると月ごとに、契約カード会社から明細書が郵送されてきます。

これらご利用明細内容にはどこで何時何分にどの商品にカード決済で何円利用したのか明細が記載されているため以前クレカを使用した一覧を確認するのに非常に簡単で実用的です。

これだけで運用するには少し少し無理があるだろうと思いますが便利な出納帳っぽいものに見立てることも難しくないので管理がもっとやりやすくなるはずです。

利用代金明細送られてから一般的に半月後にカード代金の送金が行われます。

なのでこのクレカご利用明細を見てみて記憶にない項目一例として決済したこともないWEBサービスがあったとしたらフリーダイヤル等に電話をかけて確認すればよいというんです。

本当に偽造による乱用等の正当でない決済が発見された際にも、クレカカード所持者に落ち度がないようなら大方の場面ではカード会社がそういったあやしい支払いをあてがってくれます。

最近ではこのクレカの利用代金明細をネットで閲覧できるブランドが普通になっています。

自分がどのショップでどういったものを買ったかをモニタしておくようにして不正使用から身を守ることはもちろん、出納帳の代わりとなり預金管理でさえもこれで足りてしまいます(パソコン画面で確認可能なブランドは昔の取得ポイントや決済可能残高といったことも見ることができます)。

クレジットカードはこれらのことから見ても十二分に有用なツールと言えるでしょう。

Category

リンク