-

キャッシングサービスについての返済方法というものは企業の方針によってかなり違いというものがありまして、様々な方法が採用されてます。基本的なところでは残高スライド方法やリボ払方式などが多いみたいです。そして斯うしたほとんどの人がご存知のリボルディング払いですけれども本当のことを言うと算出法におおくの法といったものがあるのです。それ故さよう方式により返済合計金額が異なってしまいますので知ることで損はないでしょう。それでは簡便にこの2つのメソッドのずれに関してを説明しましょう。ひとつは元金均等払いというもので、二つめは元利均等払いというものです。これらはその名のとおり元本について均一にして支払っていくのと元本と利子に関してを全部で一様に返済していくという方法です。このケースではもし10万円キャッシングしたと設定しどんな勘定をするかやってみます。利分をどっちも15%とし試算します。リボルディングに関しての額は1万円と仮定し考えます。まず元金均等払いのほうからいきましょう。こうした時の最初の返済に関しては1万円に対して利率分1250円を足した返済額となります。次回の支払いに関しては1万円へ利子の1125円を加算した支払となります。こういったふうにして全10回にて支払を済ませると言う様式です。一方、元利均等払いとは1度目の引き落しは1万円でそこから元金に8750円、利率へ1250円という感じで割り振りをします。次回の引き落しは元本が8750円減った状態にて利率を計算しその1万円からまた割り振りをします。詰まるところ元利均等払いのケースでは10回で返済が完了しないという勘定になってしまいます。これだけの違いで両方がいかに異なっているのかがたっぷりとご理解頂けたことと思います。元利均等は元金均等に比肩し、まぎれもなく元が減っていくのが遅延しているといった難というのが存在したりするのです。則ち利率というものをおおく支払うと言う状態になります。一方でははじめの支払が些少な額で済んでしまったという利点というものもあるのです。こういった支払い手法に関する違いにより、引き落し合計金額が相異なってきたりしますからご自身の嗜好に合致した使用法をするようにしてみてください。

Category

リンク